結婚指輪の号数選び | 名古屋で手作り結婚指輪がきてるって本当?

結婚指輪の号数選び

HOME » 名古屋での手作り指輪 » 結婚指輪の号数選び

結婚指輪で肝心なサイズ選びについて

名古屋ではさまざまな手作り結婚指輪があります。

腕のいい職人が手作りしたブランドの指輪のほか、自分で指輪を手作りできる工房というお店も人気です。

色とりどりの指輪を前にワクワクするところですが、実際に指輪を作る段階になると意外なことで悩むこともありますよね。

ありがちなのが指輪の号数選びです。

特に指輪を買う習慣がない方など、どうやって決めればいいか困りやすいところですから、詳しくご紹介しましょう。

基本的な選び方について

結婚指輪も普通の指輪と同じく、サイズは「号」という単位で表されます。

1号、2号といった形で、数字が大きくなるほど指輪も大きくなります。

一般的には男性の方が大きな号数になりやすいですが、サイズは本当に人それぞれです。

服や靴のサイズと同じく、男性も女性も自分に合っているものを選ぶのがベストです。

サイズを測ろう

自分に合う号数を選ぶためにはサイズを測らないといけません。

お店や工房に行くとリングゲージという道具があり、これを使うと簡単にサイズがわかります。

すべての号数でサンプルリングがありますから、合いそうなものをどんどんはめてみてください。

その感触で最終的に何号がぴったりかわかるという方法です。

自宅でも測れる?

お店に行く余裕がなく、自宅で今すぐ測りたいなら、糸や付箋など指に巻き付けられるものを使い、指周りの長さを測ります。

用意したものを一周分、ぐるっと指に巻き付けて重なった部分に印をつけてからほどきます。

あとはメジャーや物差しを使い、端から印まで、もしくは印同士の距離を測れば指周りの長さがわかるのです。

指輪のサイズ表はインターネットでも確認でき、各号数の内周の長さも書かれています。

指周りの長さと合う号数が自分のサイズになるわけです。

相談しながら試着するのがおすすめ

自宅でも自分のサイズは調べられますが、やはりお店で実際にリングをはめて感触を確かめるのがおすすめです。

たとえば靴なども実際にはいてみて購入した方がぴったり合いますよね。

それと同じで、結婚指輪のサイズ選びも実際にサンプルリングをはめてみた方が違和感のないものを選べます。

店員や職人と相談しつつ、最終的に号数を選ぶといいでしょう。