ダイヤが取れるのを防ぐには? | 名古屋で手作り結婚指輪がきてるって本当?

ダイヤが取れるのを防ぐには?

HOME » 名古屋での手作り指輪 » ダイヤが取れるのを防ぐには?

結婚指輪のダイヤが取れるという悲劇

結婚指輪は、一生の付き合いになる大切な指輪です。一生の付き合いになる指輪だからこそ、ダイヤを付けておきたいという方もいらっしゃるでしょう。しかしダイヤつきの結婚指輪となると心配になるのが、ダイヤが取れるかどうかでしょう。
何かの拍子にダイヤが取れてしまったら、ただでは済まされません。しかも取れたダイヤが紛失となると、血の気が引くのは免れないでしょう。では結婚指輪のダイヤが取れるのを防ぐには、どうすれば良いのでしょうか。

結婚指輪の素材に注目

結婚指輪についているダイヤが取れるのを防ぐには、固い素材でつくられている結婚指輪を選ぶことです。例えば結婚指輪の定番素材となっているプラチナの場合、純度が低いものは非常に固く変形することはありません。変形することがないので、ついているダイヤが取れる心配はないでしょう。
しかし純度が高いプラチナが使われていた場合、ほんの些細な衝撃で変形する恐れがあります。結婚指輪についているダイヤは、絶妙なバランスで取り付けられています。だから指輪の変形によりバランスが少しでも崩れてしまうと、ダイヤは簡単に取れてしまいます。

ダイヤの取り付け方

ダイヤの取り付け方に気をつけるのも、重要なポイントです。ダイヤのセッティング方法には色んな方法がありますが、大きく分けて「爪あり」「爪なし」の2種類あります。「爪あり」でセッティングされたダイヤは大変美しく、とても魅力的です。しかしダイヤが取れやすいという、意外な弱点があります。
結婚指輪にダイヤをつけるのなら、爪なしがおすすめです。爪なしにするとダイヤが取れる心配がなくなるばかりか、作業がしやすくなるというメリットをもたらしてくれます。

アフターサービスが充実している所を

ダイヤが取れるのを心配しているのなら、アフターサービスが充実しているブランドを選ぶのが1番でしょう。細かいサービス内容はブランドにもよりますが、ダイヤが取れてしまったらきっちりと対応してくれる筈です。
また普段から結婚指輪に気をかけて、ダイヤが取れそうになっているかどうかも、見ておくのも一種の予防策です。